勇往邁進!バックレブログ

勇往邁進!バックレブログ

意識高い雑記・成長型ブログ。

人生を楽しく生きるために必要な能力「主体性」を身に着けるための意識の持ち方

 こんにちは、バックレです。

 

人生を楽しんでいる人は必ず自分から行動しています。

 

「行動すること、習慣化することが大事と聞くけど・・・きっとできない・・・」というあなた!まだあきらめるのは早い!

たまたまかもしれないですが、このページを開いてくれたあなた!

ぜひこのページを読んで、閉じた瞬間から、少しでも意識してみてください。

 

大人になったら受け身じゃダメ!

あなたはこんな考えが頭に浮かんだことはあるでしょうか。

「何か楽しいことないかなぁ」

「やるべきことに追われているなぁ」

はい、以前のバックレが毎日考えていたことです。

 

これらは結局すべて受け身の姿勢でいることが原因でもたらされている現実です。

 

このつまらない日常を抜け出す方法・・・

それは自分から動くことです。

 

何か楽しいことないかなぁ→よし!なんか楽しいことしよう!友達に声かけるか!それとも一人でどっか出かけようか!

 

やるべきことに追われているなぁ→やるべきことを次々、無心で片付ける。そして、自分からやるべきことを逆に追いかけてやる。

 

・・・といろいろ書いてますが、その最中にいるあなたは具体的に何をするべきかよくわからないままでしょう。

 

では、自分からいろいろやるために持つべき考え方を紹介しましょう。

 

主体性を身に着けるには

受け身ではなく、主体的に行動する能力「主体性」を身に着けるためには、まず自分から行動し始めなければなりません。

 

その行動ができないんだよ!というあなたは、行動のハードルをめっちゃ下げましょう

 

最近、バックレが意識していることは「1日1チャレンジ」です。

 

どんな小さなことでもいいので、普段やらないことにチャレンジするのです。

 

内容は本当になんでもよし!

例えば、バックレがやっていることは、

「新しいお店を開拓する」などという定番のやつから、「いつものラーメン屋でいつもと違うメニューを頼む」、「職場の人をほめる」、「通勤中で駅から歩くルートを変えてみる」などなど・・・

 

つまり「マスター・・・いつもの・・・」をやめるということ。

 

大したことないじゃんとも思うかもしれませんが、大人になればなるほどいつもの行動って同じになっていきます。

 

意識して、自分の行動範囲(コンフォートゾーン)を広げないと、周囲の都合に押し流され、いつの間にかやりたいと思っていたこともやれずに死んでいく(きっと)のです。

 

この「1日1チャレンジ」って取り組み自体が話のネタになるし、メリットしかありません。

 

はじめは「今日は何のチャレンジしようかな?」と考えることが、大変かもしれませんが慣れてしまえば、大したことないです。何度も言いますがハードルを下げるのです。

 

「1日1チャレンジ」が習慣化されれば、あなたは毎日チャレンジすることになり、お手軽なやつはすぐにネタ切れになります。

 

そのときに友達を誘ってどこか行こうとかもっと面倒なことに挑まざるを得なくなるので、どんどんチャレンジの質が上がります。

 

その結果、あなたは「主体性の塊が服着て歩いている!」ような人間になっているはずです。

 

もうやるっきゃないですね!

まとめ

この記事の「1日1チャレンジ」はDaigoさんの著書に書かれてあったもので、バックレでもできそう!と思ったので、紹介してみました。

 

何も初めから大きなチャレンジをする必要はありません。

小さなことからコツコツ初めて、少しずつレベルを上げていけばよいのです。

 

もしDaigoさんの本が気になっていたけど、まだ読んでいないという人はこの機会に読んでみるといいでしょう。

予想以上に読みやすくて、個人的にはびっくりしました。笑

 

では、また!

 

ポジティブ・ワード

ポジティブ・ワード

 

 

再生回数100万回突破!欅坂46の「エキセントリック」MVの個人的見どころを語ろう。

こんにちは、バックレです。

 

7月6日から欅坂46のエキセントリックのMVがYOUTUBEで絶賛公開中です!

 


欅坂46 『エキセントリック』

 

テレビ初披露のときのことは以前、記事にまとめました。

それに続くエキセントリック第2弾の記事です。

 

www.blogbakkure.com

 

平手ちゃんのMV解説的なことをしてみたい!ということで、暑苦しく語ろうと思います。

え?エキセントリックのダンスはやりすぎとか言ってたよねって?

 

 

MVまで見ないと欅坂46の魅力ってのはわからないようになっているのよ、うん。

 

1番の見どころ

・33秒の米さんのクセ強いラップ

→米さんのこういう意外性好き。

 

・59秒のモナ王(志田)のスクールカーストトップ君臨

→高いところにいるトップ感とちょっとしたことで崩れてしまいそうな不安定さを表しているんでしょう。

 

・1分6秒の米さんの首の動き

→石森のダチョウかな?ほかのメンバーも髪を結っていて良い。

 

・1分16秒の片方しかない靴下

→この後、てちが片足裸足で道路を歩くことと関係しているのか?

靴下シェアしてんの?って思った。

 

・1分35秒からの職員室の机の上をズンズン歩く

→いろいろ蹴っ飛ばして、最後靴を投げます。エキセントリック。

 

2番の見どころ

・1分52秒のゆいぽんの歌い方

→クールで突き放してる感あって好き。

 

・2分00秒の尾関の手

「ふーちゃん大好きなのに・・・」ってけやかけで言ってたときのポーズ?けやかけファンなら大好きなシーン。奇しくもふーちゃんと同パートです。

 

・2分10秒からのスクールカーストに関わらないてち、ゆっかー、上村?

→2番入ってから出てないので、おそらく上村だと思います。

 

・2分17秒のりさ

→「ここのりさめっちゃ笑ってまーす」って志田がSRで言ってた。

 

・2分22秒のターンでのスカートの広がり方

→欅の衣装ってホントすごい。不協和音の衣装もスカートの広がり方と戻り方が話題になってた。あとエキセントリックの制服シンプルでいいよね。

 

・2分36秒からのゆいぽんトップ君臨、モナ王のトップ陥落、切ない表情

→推測だらけの伝言ゲームによって、志田は権力争いに敗れてしまったのか。

リアルに欅内カースト高そうな志田だから似合うんだよなぁ。

 

・3分12秒のカクカクダンス

→一瞬しか映らないけど、ここ好き。

 

Cメロ以降の見どころ

・3分26秒のりかのクレイジーサイコパス

→少年漫画なら完全にりさと対決する流れになる。美形のこういう表情はゾクゾクする。

 

・ガニ股で「僕は普通と思ってる」

→言わずもがな「ザ・エキセントリック」ですね。

 

・車道を歩くてち

→これはじめよくわからなかったけど、後ろから来た車が避けて行ってることから車道を歩いてるってことにしてる。最後の車のとき「危ない危ない!」って声出ちゃいました笑

 

・4分9秒からのびしょ濡れだけど楽しそうな欅ちゃんたち

→MVで笑顔を見せることが少ない欅ちゃんたちの珍しい楽しそうな場面です。

 

・4分19秒のてちの腕の動き

 

まとめ

バックレが思う見どころをけっこう細かく挙げてみました。

わかるわかる!ってなってくれる欅ファンの人がいたら、教えてください笑

 

MVのつくりやダンスもとってもかっこいいですが、曲調やピアノの音が心地良いハーモニーを奏でています。

 

メンバーたちのSRによると、サビのダンスはもともとメンバーのネタ?を動きに取り入れた振りだったらしいですし、いつかそのオリジナルバージョンも見てみたいですね。

 

エキセントリックは不協和音のカップリング曲ですが、7/19(水)発売の欅坂46のファーストアルバム「真っ白なものは汚したくなる」に収録されています。

 

しばらく音楽を購入していないバックレも久しぶりに買っちゃおうかなとか考えてます。

 

そんな感じ!では、また!

 

 

 

 

 

 

まだエキセントリック見てないの?THE MUSIC DAYで披露した欅坂46エキセントリックのパフォーマンスを見た感想。

昨日、欅坂46がエキセントリックを地上波初披露しました。

 

エキセントリックは「変わり者、奇人、変人」という意味の言葉で、ライブで初お披露目したとき、ファンの間でもダンスの振りが「スゴイ!」と話題でした。

 

その話題のダンスがついにテレビで披露され、ネット上ではまさに賛否両論。

どちらかというと賛:否=3:7くらいの比率な気がします笑。

 

ダンスを見た感想を紹介するで~

 

「ファッ⁉何してんねん!」ってなった場面

 

f:id:BAKKURE:20170703000748j:plain

まず個人的にはこの場面ね。

 

画像で一部分を切り取ると余計にエキセントリック。

 

スカートでこの見事な股割りをしつつ、画面左下には「僕は普通と思ってる」という歌詞。

 

どこが普通やねんって思ったのはバックレだけではないはず笑

 

よく表情崩さず、やり切れるよなぁ。

欅ちゃんたちすごい。平手ちゃんすごい。

 

この他にメンバー全員で小島よしおが「ウィィィィィィ」って言っているときの動きをしたり、ワカメダンスをしたり、履いている靴を脱いで回してどこかへ投げたり・・・

 

まさにエキセントリック!!!

 

これは普通じゃない・・・。

AKB総選挙でもアイドルってなんだろうとか考えたバックレですが、またアイドルのダンスってなんだろうとか考えてしまいました。3分くらい。

 

欅坂46のダンス振付を担当するTAKAHIRO氏によると

「エキセントリックのパフォーマンスは0か100。0でナニコレ⁉ってなるか100でスゴイ!ってなるかのどちらか。」

らしい。

 

バックレは

最初見た後

 

ブログにまとめるために何回か見た後

個性的で逆にいいんじゃないか。これくらいしないと視聴者に残らないし、テレビで不協和音じゃなくてエキセントリックやったの正解や!

 

って感じです。見事な手のひら返しです。

 

結局、何が問題だったのか

一番はダンスのクセが強すぎること。

番組を見てたファンもスゴイより、ヤバいって思った人多かったんじゃないでしょうか。

 

誰かがツイッターでも言ってましたけど、ダンスのクセが強すぎのはあるにしても、制服(スカート)でダンスしたのも見栄えが良くなかった理由かと思います。

 

実際、ライブ初披露のときはスカートでなかったみたいだし。

 

パンクでポップな恰好なら・・・まだなんとかなった・・・かも・・・しれなくもない。

 

やっぱ無理か笑 凡人の感性には理解できないまさにエキセントリックなダンスでした。

 

まとめ

 エキセントリックはダンスはいろいろ言ってますが、歌詞やメロディーラインはとってもかっこよくて、バックレも大好きです。

 

オフボーカルのメロディーはホントオシャレです。

 

ぜひ、みなさんも欅坂46のエキセントリック聞いて、パフォーマンス見てみて~

 

では、また!

 

エキセントリック

エキセントリック

 

 

AKB48、欅坂46、ジャニーズ・・・憧れのアイドルをうまく活用して、より良い人生を送ろう!

こんにちは、バックレです。

 

以前、AKB総選挙について書いた記事が(個人的な感覚で)めちゃくちゃ読まれたので、トレンドなトピックを取り上げることはPV増につながることを学習しました。

 

www.blogbakkure.com

 

現代はAKB48だけでなく、バックレが好きな欅坂46や女性が一度はハマると言われるジャニーズ、名前も知らない地下アイドルなどたくさんのアイドルたちがいます。

 

AKB48スパガなどいろんなアイドルのイベントに行ったことがあるバックレとしては、NMB48の須藤璃々花の突然の結婚発表についてアイドルファンの在り方を考えたりしましたね~。 5分くらい。

 

とにかく嫌われがちなアイドルファン、オタクですが人はみんな何かしら好きなこと、ものがあるのではないでしょうか。

 

それがたまたまアイドルで、お金がかかる趣味だったってだけです。

1人のアイドルファンとして、アイドルコンテンツの活用法をまとめます。

 

イベント参加のためならムリな仕事だって終わらせる

アイドルファン(以下オタク)は憧れのアイドルに会える機会を何より大切にします。

 

イベントの前日や直前に突然発生した業務であろうが、イベントに参加するために、ゾーンへ入り、業務を完璧に仕上げてしまうのです。オタクってすごい。

 

超集中力を駆使しても、終わらない業務だったらどうするかって?

そんなときは諦めるのです。仕事の方を。

 

責任とかいろいろある世の中ですが、図太くしぶとく生き抜く力だって必要です。

そんな図太い神経が真面目で責任感がある人ほど、必要なんだと思います。

 

そもそも本物のオタクは、普段から突然のトラブル発生を最小限に抑えるために業務に取り掛かり、自分の予定を優先させてもらえるような雰囲気を会社につくります。

 

本気でオタクやるなら、いわゆるコミュ症ではいけません。

むしろ明るいムードメーカーかつ仕事ができる人になることが必要なのです!

 

本物のオタクになれば、

仕事ができるようになる→年収が上がる→アイドルにつぎ込めるお金が増える・・・

と充実したオタク生活がおくれます(理想論)。

 

できる人になっちゃうと、アイドルにハマる以外にも趣味が見つかって、オタクを卒業してしまうんじゃ・・・?という疑問は仕事ができる人になってから考えましょう。

 

頑張るアイドルを見て、自分も勇気をもらえる

バックレはアイドルたちのドキュメンタリーみたいな映像作品が好きです。

 

Documentary of AKBとかハマってた頃は毎年、映画館に見に行って、涙してたくらいだし。

「クラス5番目くらいにかわいい子を集めた」という微妙なコンセプトで集められたAKB48グループ。

 

デビューから10年を迎えても、なんだかんだ未だにテレビで見ることができる最大の理由はこのステージの裏側を見せたり、苦労人が成り上がるドラマ性なのです。

 

2017年AKB総選挙で速報1位、最終5位に輝いたNGT48のおぎゆかこと荻野由佳さんは大変な苦労人です。

何度もAKBグループのオーディションを受け続けて、やっとNGT48で正規メンバーとして活動できることになりました。

総選挙での「私をアイドルにしてくれてありがとう!」というスピーチは記憶に新しいです。

 

実際におぎゆかのパフォーマンスを見たことがある人なら、まず涙するのではないでしょうか。 

 

苦しく厳しい状況にも負けず頑張るアイドルたちを見ると、我々ももう少しあきらめないで、頑張ろうとか思えます。

 

夢に向かって頑張るという青臭い輝きをオタクたちは求めているのです。その輝きを日々の糧としてオタクたちもいろいろ頑張っています。

 

バックレは欅坂46も好きなんですが、欅坂46が今一つ殻を破れていないのは、この苦労体験が少ないからともいわれています。

 

デビュー当時から冠番組があり、デビューシングルもめちゃくちゃ売れて・・・というサクセスストーリー。

もちろんメンバーたちには苦労もあるんでしょうが、AKBなどと比べるととても順風満帆です。

 

まぁメンバーや楽曲は良いし、「欅って書けない」もおもしろいので、現時点では全然いいんですけどね笑

 

好きなアイドルが出てる雑誌を眺めるようになるから少しオシャレになれる

男性のファッション雑誌にはアイドルの記事や特集が載っていることが多いです。

その雑誌をチェックする際に、他のページも眺めるはずなので、自然に世の中のトレンドが目に入ってきます。

 

バックレは欅坂46渡邉理佐さんがノンノモデルをやっているということで、ノンノを立ち読みするようになりました。(欅オタクには多い?)

 

男性向けファッション雑誌との違いを感じられて、いい刺激になります笑

 

また、ジャニーズの人たちもよく雑誌の表紙を飾っているので、女性の方も男性向けファッション雑誌を読むことも多いはず。

 

アイドルオタクをやっていなかったら、触れなかった世界に触れていると考えると、オタクも悪くないですね!

 

まとめ

アイドルオタクをやることのメリット的なことを書きました。

のめりこんでしまうと、お金がかかる趣味なのかもしれません。

でも、ライトに楽しむくらいなら日々の刺激にもなるし、 アイドルの頑張りに触発さ

れて、自分の行動を良い方向に変えることだって可能です。

 

この記事のタイトルにある通りですが、アイドルをうまく活用して、充実した人生にしましょう!

 

では、また!

AKB48総選挙2017の結果についての感想。「自分の人生を生きよう」と思った。【超個人的な感想】

こんにちは、バックレです。

 

今年も開催されたAKB総選挙。

 

天候も荒れただけでなく、結果やスピーチの内容が荒れに荒れた総選挙でした!

なんだかんだ48グループから離れていったファンたちもこのイベントは楽しみにしているのではないでしょうか。

 

いろいろまとめサイトにも上がっていることもありますが、僕が思ったことを書きたいと思います。

 

 

選抜メンバーの本店率

48グループすべてのメンバーに立候補の権利が与えられ(不参加の人もいる)、AKBの曲なのにフロントにいるのはAKBの人じゃなかったりするAKB48の選抜。

今年の総選挙の結果である選抜メンバー16人のグループごとの内訳は以下の通りです(カッコ内兼任を含めた場合の数字)。

 

AKB:4名(6名)

SKE:5名

NMB:2名

HKT:2名

NGT:3名

STU:0名(2名)

 

なんと兼任を含めなければ、選抜メンバーのAKB本店率は25%

SKEは5名送り込んで、選抜内の最大派閥を形成。

NGTも速報1位のおぎゆかは5位で、終わってみれば選抜メンバーに3名入る快挙です。

 

80位までの順位で見れば、

AKB:25名

SKE:19名

NMB:10名

HKT:16名

NGT:10名

と、AKBが第1党を守っているものの、SKE・NGTのメンバーの躍進が目立ちました。

 

個人的にはAKB48チーム8のメンバーの名前が呼ばれたのは、5名だけ・・・

倉野尾成美ちゃんが30位で最高の順位、2万年に1人の美少女と呼ばれる小栗有以ちゃんは51位と悔しい結果です。

 

順位を見るといろいろありますが、群雄割拠な感じがしてとてもワクワクしますね!笑

 

テレビで体を張って頑張るバラエティメンは圏外が続いているメンバーが多く、大家や中西など、厳しい状況にあるようです。

 

かと思えば、正統派のアイドルではファンの印象に残らず、向井地や谷口のように順位は思ったようには伸びない・・・

アイドルたちにとって答えのないこの総選挙というイベントは毎年、残酷だよなぁって思います。

 

だからこそ、アツい思いを語ってくれるスピーチは胸を打ちますね。

とんでもないこと言ってた人もいるけど、それはまた後述します笑

 

指原莉乃の3連覇、まゆゆの卒業

今年のトピックスはここ数年トップを争ったさっしーまゆゆの最後の総選挙ということで、どちらが有終の美を飾るのか!?

 

という点がMステとかでも取り上げられていました。

 

結果はさっしーが総選挙史上初の3連覇を達成、まゆゆは年内グループからの卒業を発表という結末でした。

 

正直、スキャンダルから成りあがったさっしーは無敵だったし、テレビで見ない日はないくらいの大物になってしまいました。(嫌いな人はホント嫌いみたいだけど)

 

全くタイプの異なる2人でしたが、ツイッターでもよく絡んでおり不仲な印象はありませんでした。

 

前田敦子大島優子も対決を煽られていた時期もありましたが、さっしーまゆゆと同様に戦友のような関係を築いていたように思えます。

 

なんといっても須藤凛々花の結婚

 今年の総選挙の一番注目を集めたのは、結婚報告でしょう笑

 

総選挙20位の発表で名前を呼ばれた須藤凛々花は、スピーチの中で結婚することをいきなり報告しました。

 

この異例の報告にはまさに賛否両論です・・・

現役アイドルが突然、しかもファンに大金をつぎこませた後の開票イベントという場での「初めて好きな人ができました。結婚します」という報告。

 

アイドルの定義について考えさせられる事件でした。

 

すでに週刊誌に男性と会っているところを撮られており、総選挙の後に発表される流れを知っていて、それにあらがうための上のような行動を取ったものと思われます。

 

本来結婚って祝うべきイベントですが・・・今回の騒動って誰も幸せにならないことだよね・・・

 

今年の総選挙は開票が無観客の中行われましたが、ファンがたくさんいる場だったら、暴動が起きてたかもなぁってある意味ほっとしてます笑。

 

 須藤さんを応援してたファンの中にも、結婚報告をしてからツイッターの更新が途絶えた選挙対策本部の人「20万使ったの全然後悔してない!」→「お前ほんとふざけんなよ」って言ってる流れ完璧な人とかいろいろいますが、みなさんショックですよね。

 

「あんなに応援したのに・・・」とか「あんなにお金使ったのに・・・」とかいう気持ちはわかります。

 

ただね・・・これってホント悲しい人生だよなって思います。

ファンの人がね。

自分の人生の責任は自分でとろう

結局、バックレが言いたいことはアイドルにお金使うのも、自分で決めたことでしょうが!っていういつも言っていることです。

 

自分の生活に潤いを与えるためにアイドルのライブに行って、元気をもらうのは良いと思います。バックレもMAXときに乗って新潟市まで足を運び、NGT48の公演行ったこともあるし。

 

www.blogbakkure.com

 

 

www.blogbakkure.com

 

 

でも、上の記事でも書いてますが、他人に夢をたくすのではなく、自分の夢に向かって生きるといいのにって思います。

 

ツイッターでブロガーさんの中には「つぎこんだ数十万のお金を自分に使えよ・・・」って言っている人もいました。

 

オタクやってると金銭感覚狂っちゃうもんですが、勉強料だったということで、あなた自身の人生に生かしてほしいです。(偉そう)

 

ただ、アイドルたちの中には「将来、歌手や女優になる」という夢をもって活動している子も多く、その夢に向かって頑張っている姿はバックレも大好きなので、アイドル自体を否定するわけではないです。

 

他人にどうこう言うのではなく、自分の人生を生きることを改めて決意した総選挙でした。

 

では、また!

リア充の巣窟フェイスブックのただ1つの良いところと意識高いSNSの使い方。

こんにちは、バックレです。

 

僕はSNSの類はツイッターのほかにフェイスブックを利用しています。

 

フェイスブックは利用していると言いつつ、投稿はしませんし、ただ見ているだけです。

 

フェイスブックの投稿は基本的にツイッターと違って、人生で起こった良かったことやSNS映えしそうなコンテンツが盛りだくさんなのです。

 

そのキラキラ感が苦手!という人もいるはず。

 

でも、ここ数日、ある出来事がきっかけで「フェイスブック悪くないやん」と少し思えるようになりました。

というわけで、いいブログのネタが見つかったので、記事にします。

 

フェイスブックの通知

フェイスブックっていろんな通知が来ます。

「○○さんから友達申請が届きました!」はもちろん、「○○さんが久しぶりにコンテンツを更新しました!」などという人によってはどうでも良いことも教えてくれます。

 

僕がいいなと思ったのは、友達の誕生日について通知してくれること。

 

 

大人になるにつれて、誕生日ってないがしろにされがちだなと感じます。

 

家族がいる人でないと、学生時代のようにパーティーするわけにはいかないかもしれませんが、メッセージなどでも「誕生日おめでとう」くらいは言われたらうれしいはずです。

 

少なくともバックレはうれしい笑

 

普段連絡を取れていない人にいきなり連絡取るのって、ちょっとハードル高いです。

だからこそ、フェイスブックの通知をきっかけに連絡とってみましょう。

 

「どうした?いきなり?」とネットワークビジネスの勧誘を疑われたら、「いや、フェイスブックから通知来てたからなんとなく笑」とも言えるし!笑

 

 

SNSの意識高い使い方

さて、ここからは少し実用的な話。

 

このブログを見てくれる意識高いあなたはもうやっていることかもしれませんが、SNSの有意義な使い方を紹介します。

 

フェイスブックをはじめとするSNSは、ただ見ているだけではもったいない!

 

僕はフェイスブックは見ているだけですが、ツイッターではブログの更新をツイートしたり、読んだ本や記事に関する簡単な感想を書いたりしてます。

 

 

こんなんが感想かよ!って感じでもいいと思います。

ツイッターって字数制限もあるしね。

 

SNSをインプットのために使うだけでなく、アウトプットのツールとして使うことが大事なのです。

 

って池上彰さんも何かの本で言ってた(受け売り)。

 

情報を受け取る行為って何も考えなくてもできます。だけど、情報を発信するためにはある程度思考する必要がありますよね。

 

ロボットの台頭で何も考えなくてもできる作業は、ロボットに取って代わられるとか言われているじゃないですか!?

 

詳しいことはわからないけど、自分の頭を使って考えて物事に取り組める能力ってこれからの時代こそ必要な能力なんじゃないかなってバックレは思います。

 

 

まとめ

この記事のまとめ!

 

フェイスブックは古い友人と再びつながるきっかけになる。どんどん自分から連絡しよう。

 

SNSはアウトプット、発信にも使おう!頭は使わないと考える力はつかない!

 

そんな感じ!

 

では、また!

 

社会人は学生よりもつまらない?社会人生活を楽しくする考え方を書く。

こんにちは、バックレです。

 

以前アクセス数の推移などを見ていたところ、

「社会人 楽しくない」

と検索して、このブログにたどり着いた人がいることが判明しました。

 

そんなあなたのために、社会人生活を楽しく過ごすための考え方を書きたいと思います。

 

バックレの休日は家で録画した番組を見たり、ひとりで出かけることが多く、けっしてアクティブ!とは言えません笑。

 

僕も「人生 楽しくする 方法」とかを調べることもあるので、なんかこのタイトルで記事を書いてもいいのだろうかとか一瞬考えました。

 

しかし、まずは形から入ることは大事という結論に至ったので、ドヤ顔で語ります。

 

僕は「昔は良かった・・・」と過去を振り返ることしかしないおじさんにはなりたくないので、今僕が考えている社会人生活を楽しくする考え方をまとめます。

 

なんだかんだ社会人生活は楽しい!

 

受け身の姿勢から卒業する

バックレは平日休みということもあるのですが、友人と会う機会が少なくなりました。

 

距離的に遠かったり、生活リズムが合わなくなるなどいろいろありますが、自分から連絡して会おうとしないとダメ。待っていても何も変わらないと感じています。

 

もし土日休みで友人たちと休みのサイクルが同じであったとしても、お互いに連絡を取り合わないと会う機会なんてありません。

 

なんか楽しくないなぁと感じている人は、

受け身になっていないか?ということに焦点を当てましょう。

 

仕事も指示されるのを待って、やらされているだけでは残念ながら、やりがいを感じることはないでしょう・・・

 

自分なりに行動の意味や早くミスなく終わらせる工夫を考え始めると不思議と前向きな気分になって、憂鬱な仕事にもしっかり向かえる!とバックレなりに考え着きました。

 

 

www.blogbakkure.com

 

 

社会人だからこそ新しいことにチャレンジする

社会人になると「俺(私)もおじさん(おばさん)だからな~笑」という自虐ネタを披露することもあるはずです。

 

話の流れの中で、このネタを使うことになるのはしょうがない。

 

でも、何かにチャレンジしてみるときには思っても口にしちゃいけないフレーズです。

 

人生がつまらないと感じるのは、刺激がないからです。

刺激がないのは、いつもと同じことをしているからです。

 

おもしろい人生にするには、自ら刺激を求めること、つまりチャレンジが必要なのです!!

 

友達の趣味をマネしてみるとか、普段買わないような服を買って着てみるとか・・・

 

社会人は学生よりもお金があることが優位な点だし、あなたがチャレンジできることは無数にあります! 

 

年齢や自分の性格のせいにせず、どんどんいろいろやってみましょう!

 

オフラインの時間をとってみる

チャレンジしようということを語りましたが、社会人になって学生のときほど、チャレンジできなくなることの理由としては「時間がない!」というのが多いはずです。

 

実際、バックレも学生のときに比べて自由な時間は減ったと感じます。

仕事量が多い会社に勤める人は家に帰ったら寝るだけみたいな生活の人もいるはずです。

 

時間がないから本なんて読めない、自分の勉強する時間を取れない、ブログが書けない・・・などなどバックレもよく考えていたことです笑。

 

そんな忙しいあなたにこそやってもらいたい ことがコレ!

ネット断捨離!

 

www.blogbakkure.com

 

詳しく上の記事に書きましたが、現代人はとにかく無意識のうちにネットしている!

 

SNSをチェックしている間もメッセージのやり取りをしていてもオンラインなのです! 

 

ネット断捨離をすることの最大のメリットは「時間が増えること」です!

 

普段長くスマホに触れている人ほど、一日が長く感じられてとっても有意義です。

 

ぜひ、スマホの電源を落とすことからやってみてください。チャレンジのハードルとしては激低ですから!

まとめ

・受け身じゃダメ!自分から連絡をとる!

・チャレンジに年齢なんて関係ない!刺激を自ら求めよう。

スマホの電源を落とそう。

 

そんな感じ!

では、また!