勇往邁進!バックレブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇往邁進!バックレブログ

意識高い雑記・成長型ブログ。

駅から徒歩25分のところを卒業して、徒歩3分の駅近に引っ越したぞぉぉぉぉぉ!

私事ですが、引っ越しをしました!

 

良かったことと大変だったことを書いていきます。

 

 

良かったこと

① 話のネタになった!

バックレは雑談の内容に困っちゃう方です。

 

「休みの日って何してるんですか?」

 

という恐怖の質問におびえる日々・・・

 

「いや~(会社の人に言えるような有意義な行動は)何もしてないですね~笑」

 

とお茶をにごす日々でした。

 

しかし!引っ越しをしたことで、

「最近引っ越ししたんですよ~!」

という話題が選択できるようになりました。

 

普段からアクティブな人にはピンと来ないことかもしれませんが、個人的にはすごく話しやすくなりました。

 

 

② 部屋の採光が最高になった!

僕にはここ一年くらい胸に抱いていた夢がありました。

 

自然の目覚まし(太陽の光)で目覚めたい

という夢。

 

前の家は日当たりが良い方ではなかったので、ずっとあこがれていました。

 

新居は角部屋で採光が2面ということもあり、最高です!

 

朝日が差し込んできて、とっても気持ちの良い目覚めが得られるようになりました!

 

あと前の家と比べて、あったかい気がします!前の家は天井が高く暖房の効きが弱めでした。

 

前の家より乾燥しやすいですが、洗濯物を干すことで解消されることもわかったので、たいした問題ではないです。

 

③ 時間ができた!

なんといっても一番良かったのはコレ!

 

前の家から駅までは近道などを駆使して歩いて、駅のホームまで20分かかっていました。

 

今はなんと家出て5分で電車に乗れます!

 

これは大きい・・・!

本当に大きい・・・!(大事なことなので2回言った)

 

この前、1時間だけ空き時間あったんですが、

「電車に乗って移動→スタバに行って作業→帰宅」という行動を1時間でやることもできました。

 

我ながら意識たけぇ~

 

ちなみに引っ越しをサクッと決めたわけではなく、どれだけの時間ができるかをこんな感じで計算して引っ越しに踏み切りました。

 

引っ越しをすると、単純計算で1日往復30分の時間が短縮されます。

 

1か月に換算すると、900分つまり15時間だけ時間を捻出することができます。

 

前の家に比べて、家賃は約2万円上がったので、

「15時間を2万円で毎月定期購入する」

のと同じです。

 

近年まれにみるいい買い物だったんじゃないかと思っています。

 

大変だったこと

① 無限の運び込み

引っ越し当初は

「大きい荷物は業者に頼む。あとの荷物はチャリで運ぶ」

とか思っていたバックレですが、その考えは甘かったのです・・・

 

結論から言うと、めっちゃ前の家と新居を往復してとっっっっっっても時間がかかりました。全部の時間を合わせると、15~20時間くらいかなぁ。

 

誰だ!「15時間を2万円で買いました(キリッ)」とか言ってたやつは!

って感じです。

 

5往復くらいしたときは、往復回数を数えてましたが、途中で数えるのをやめました。

 

そう、独力での引っ越しは無限の運び込みでできていたのです。

 

だから引っ越しは全部業者さんに頼んだ方がいいよ!

お金はかかるかもしれないけど、絶対その方が楽だよ!

 

無限の運び込みを夏やってたらマジで倒れてたと思います。 

② 各種手続き

単純にめんどくさかったです。

大学の友人たちはよく文句をこぼさず、やってたなって思います。

マジリスペクト。

 

何かしら漏れてる気がしてなりません。

 ③ 引っ越し費用が・・・

引っ越しにかかったお金をドンッ!と発表しちゃうと・・・

 

全部合わせて、35万行かないくらいです笑

 

( 初期費用、新居での細かい家具、新居のフローリングに落として壊れたスマホの修理代金も含む。)

 

こ、これはよりよい人生への投資だから・・・い、いずれ回収するから・・・

まとめ

前からずっと書くと言っていた引っ越し記事を書けました!

 

実は、数日前に記事を書き上げたんですが、いろいろあって記事が全消去されるというアクシデントもありました。

 

そのときの記事と比べて、400字くらい少ないけど、完成したのでOKです。

 

引っ越しを12月中旬に決めましたが、あと1か月早くすれば良かったなぁと反省しています。

 

自分の環境を変えるには自分が動くしかないと改めて実感したイベントでした。

 

さぁ!次に引っ越しするのはあなただ!

 

では、また!