勇往邁進!バックレブログ

勇往邁進!バックレブログ

意識高い雑記・成長型ブログ。

NGT48の公演をはじめて見る人向けに当日の流れ、注意点、新幹線の不安などをまとめる。

こんにちは、バックレです!

 

バックレは先日、NGT48の公演を身に新潟まで新幹線に乗って行ってきました!

感想は下の記事でも気持ち悪くアツく語りましたがとっても良かったです。(小並)

 

 

www.blogbakkure.com

 

バックレははじめてのAKBグループの劇場公演、しかも県外枠としての申し込みということもあり、公演への期待はいっぱいでしたが、少々不安もありました。

 

そこで、僕が不安に思っていたことをまとめてみようと思います。

これを見れば、あなたもNGT48の劇場公演をなんの心配もなく見に行けるはず!

 

ホームページの注意点を見ても、よくわからなかった!ということを補足できればいいなと思います。

 

チケットセンターから当選メールが届いた後にやること

① チケットセンターでマイページにログインし、マイページで注意事項を確認する。

 

当選後のマイページを確認するとQRコードが出ます。

このQRコードは劇場への入場に必要なもので、スマートフォンなら普通にログインして、見せればいいです。ガラケーの人でも、印刷して持っていけば大丈夫だそうです。

 

② 公演の料金をクレジットカードで払う人は、決済の手続きをする。

 

バックレはクレジットカード決済を選びました。

現金決済の場合、入場時の本人確認のタイミングで支払うことになります。

ちょっとした手間がかかるので、クレジットカードを持っている人はカード決済にしてしまった方がスムーズです。

 

③ 本人確認用の証明書などを用意する。

 

劇場に入場するために必要なものは次の2点!

・写真つきの本人確認ができるもの(運転免許証、マイナンバーカード(写真つき)など)

・1か月以内に現住所に届いたことがわかる本人名義の郵便物または住民票

→なくても新幹線の乗車券とかで確認できるみたい。バックレは電気代の紙を見せたら入れました。

 

あとはお好みで、

・ペンライトやTシャツなど応援グッズ

→バックレは何も持って行ってません!光り物は現地調達しようと思ってましたが、いろいろあって買えませんでした・・・

 

必須な持ち物はこれくらいかな?

また後で書きますが、劇場内にはカバン類の持ち込みは禁止です。なるべく少ない荷物で遠征するのが良いです。

劇場までのアクセス

NGT48劇場があるラブラ万代新潟駅万代口から徒歩10分くらいのところにあります。

 

下の地図を見てもわかりますが、ほぼ一本道なので普通にいけばたどり着けるはずです。

 

  

 

新潟初めて行ったのですが、評判通り天気が悪い!笑

北陸は日照時間が少ないと聞いていたのですが、その通りでした。

 

f:id:BAKKURE:20170411094034j:plain

これは劇場への道から振り返って撮った新潟駅です。やっぱり天気が悪い・・・

 

駅から道なりにずんずん進みます。すると左手側にこんな建物が見えます。あともう少し・・・

 

f:id:BAKKURE:20170411094314j:plain

 

 

 

f:id:BAKKURE:20170411094525j:plain

 

道なりに進めば、左側にラブラ万代が見えます。

この写真はラブラ2を通り過ぎて振り返って撮った写真です。写真にある右から2つ目の建物がNGT48劇場があるラブラ2です。

 

ちなみにラブラ万代を通り過ぎると、

f:id:BAKKURE:20170411094933j:plain

上の方が雲に覆われた謎のビルや

f:id:BAKKURE:20170411095113j:plain

 MAXとき315号のMVでメンバーが走っていた萬代橋信濃川がありました。

ゆっくり写真撮ったりしたかったのですが、橋の上は超強風が吹いており、寒かったので、すぐにラブラへ避難しました。

 

また、NGT48のデビューシングル「青春時計」のMVの撮影場所もラブラの敷地?内だったので、すぐわかりました。聖地にたどりついたということで、ウキウキ気分で写真を撮るつもりでした。

しかし、普通に女子高生とかが歩いていて、もし聖地を写真撮影したならば、盗撮野郎の疑いをかけること間違いなしの状況・・・

新潟まで行って盗撮疑惑をかけられるのも嫌なのでやめておきました。残念。

 

次は劇場についてからの流れをまとめます!

 

劇場についてからやること

① 本人確認の手続き、料金の支払い、荷物をロッカーに入れる

 

持ち物のところでも少々書きましたが、劇場についたら、本人確認などをします。

この確認は開演2時間~45分前までに劇場前の手続きを行う列に並んでおく必要があります。

チケットセンターのマイページのQRコードと本人確認できるもの、郵便物を見せます。

けっこうならんでますが、劇場スタッフがその辺にいるので、わからないことは気軽に質問できます。

これが終了すると、手首にスタンプを押されます。

光を当てると見えるっていうなんかハイテクなスタンプでした。

 

手続きが終わって、時間に余裕があれば劇場を出ることもできます。

戻ってくるときはスタンプで確認してもらって再入場します。

 

手続きが終わったら手荷物をロッカーに預けます(200円)。

ただ、ロッカーはとても狭いので、大荷物は入りません!

メッセンジャーバックをミチミチにつめてやっと入るくらいの大きさです。

大きい荷物は別のところで預かってもらえるみたいです(有料、いくらかは未確認)。  

 

② 入場する

 

手続きや荷物の預け入れが済んだら、県外枠、女性枠?、ファミリー枠、県内枠の人たちは劇場とは別のところ、階段でちょっと待っているように指示を受けます(簡単な地図ももらえる)。

 

しばらくするとスタッフに案内され、再び劇場へ。

劇場入口で手荷物検査(手荷物はかごにいれて待ってる)を受け、いざ劇場内へ。

座席も決まっていて、予想以上にゆったり座れました。

開演30分前には席に座れて、映像を見てました。

「夢をかなえるために・・・減塩しまーす!!」みたいなCMとか。

 

ここから一般枠の人の入場が済むまでトイレなどもいけません

開演10分前くらいには入場も完了し、トイレに行けます。 劇場内は電子機器の電源を切るように言われるので、従いましょう。

ここまでくると、あとは公演を楽しむだけです。

  

新幹線の終電に間に合うのか?

バックレは県外民で次の日も仕事だったので、新幹線の終電(新潟駅21時34分発)で帰る必要がありました。

公演の終了時間が20時30分くらいって書いてあるサイトもあれば、21時ころって書いてあるサイトもあり、この終電に間に合うのかどうか、というのがこの旅一番の不安なことでした。

 

実際どうだったかというと、  公演終了はぴったり20時30分でした。

メンバーによるお客さんの見送りは20時35分ころ開始。

座席の位置によって劇場を出られる時間は変わりますが、バックレが劇場がある建物を出たのは20時45分ころ。

そこから普通に新潟駅まで歩いて21時前には着きました。

なんだけっこう余裕やん・・・笑

生誕祭とかあると少し伸びるみたいですが、遅くても20時50分くらいまでに公演が終われば、21時34分の新幹線の終電には普通に乗れると思います。

 

その後、お土産とかグッズとか買いたい人は厳しいスケジュールになりますが・・・グッズは開演前に買っておくのがよいでしょう。

また、開演30分前にはグッズの販売がいったんストップするので、その前に買いましょう(公演の後も買える)。

 

あと細かいことですが、電源を確保するなら、NGT48劇場があるラブラ2の4階(同じフロア)に上島珈琲店があるので、そこを活用しましょう。

 

まとめ

けっこうなボリュームの記事になりました。

また思い出したことがあれば、追記します!

これからNGT48劇場に行く人の参考になればうれしいです!

では、また!