勇往邁進!バックレブログ

勇往邁進!バックレブログ

意識高い雑記・成長型ブログ。

AKB48、欅坂46、ジャニーズ・・・憧れのアイドルをうまく活用して、より良い人生を送ろう!

こんにちは、バックレです。

 

以前、AKB総選挙について書いた記事が(個人的な感覚で)めちゃくちゃ読まれたので、トレンドなトピックを取り上げることはPV増につながることを学習しました。

 

www.blogbakkure.com

 

現代はAKB48だけでなく、バックレが好きな欅坂46や女性が一度はハマると言われるジャニーズ、名前も知らない地下アイドルなどたくさんのアイドルたちがいます。

 

AKB48スパガなどいろんなアイドルのイベントに行ったことがあるバックレとしては、NMB48の須藤璃々花の突然の結婚発表についてアイドルファンの在り方を考えたりしましたね~。 5分くらい。

 

とにかく嫌われがちなアイドルファン、オタクですが人はみんな何かしら好きなこと、ものがあるのではないでしょうか。

 

それがたまたまアイドルで、お金がかかる趣味だったってだけです。

1人のアイドルファンとして、アイドルコンテンツの活用法をまとめます。

 

イベント参加のためならムリな仕事だって終わらせる

アイドルファン(以下オタク)は憧れのアイドルに会える機会を何より大切にします。

 

イベントの前日や直前に突然発生した業務であろうが、イベントに参加するために、ゾーンへ入り、業務を完璧に仕上げてしまうのです。オタクってすごい。

 

超集中力を駆使しても、終わらない業務だったらどうするかって?

そんなときは諦めるのです。仕事の方を。

 

責任とかいろいろある世の中ですが、図太くしぶとく生き抜く力だって必要です。

そんな図太い神経が真面目で責任感がある人ほど、必要なんだと思います。

 

そもそも本物のオタクは、普段から突然のトラブル発生を最小限に抑えるために業務に取り掛かり、自分の予定を優先させてもらえるような雰囲気を会社につくります。

 

本気でオタクやるなら、いわゆるコミュ症ではいけません。

むしろ明るいムードメーカーかつ仕事ができる人になることが必要なのです!

 

本物のオタクになれば、

仕事ができるようになる→年収が上がる→アイドルにつぎ込めるお金が増える・・・

と充実したオタク生活がおくれます(理想論)。

 

できる人になっちゃうと、アイドルにハマる以外にも趣味が見つかって、オタクを卒業してしまうんじゃ・・・?という疑問は仕事ができる人になってから考えましょう。

 

頑張るアイドルを見て、自分も勇気をもらえる

バックレはアイドルたちのドキュメンタリーみたいな映像作品が好きです。

 

Documentary of AKBとかハマってた頃は毎年、映画館に見に行って、涙してたくらいだし。

「クラス5番目くらいにかわいい子を集めた」という微妙なコンセプトで集められたAKB48グループ。

 

デビューから10年を迎えても、なんだかんだ未だにテレビで見ることができる最大の理由はこのステージの裏側を見せたり、苦労人が成り上がるドラマ性なのです。

 

2017年AKB総選挙で速報1位、最終5位に輝いたNGT48のおぎゆかこと荻野由佳さんは大変な苦労人です。

何度もAKBグループのオーディションを受け続けて、やっとNGT48で正規メンバーとして活動できることになりました。

総選挙での「私をアイドルにしてくれてありがとう!」というスピーチは記憶に新しいです。

 

実際におぎゆかのパフォーマンスを見たことがある人なら、まず涙するのではないでしょうか。 

 

苦しく厳しい状況にも負けず頑張るアイドルたちを見ると、我々ももう少しあきらめないで、頑張ろうとか思えます。

 

夢に向かって頑張るという青臭い輝きをオタクたちは求めているのです。その輝きを日々の糧としてオタクたちもいろいろ頑張っています。

 

バックレは欅坂46も好きなんですが、欅坂46が今一つ殻を破れていないのは、この苦労体験が少ないからともいわれています。

 

デビュー当時から冠番組があり、デビューシングルもめちゃくちゃ売れて・・・というサクセスストーリー。

もちろんメンバーたちには苦労もあるんでしょうが、AKBなどと比べるととても順風満帆です。

 

まぁメンバーや楽曲は良いし、「欅って書けない」もおもしろいので、現時点では全然いいんですけどね笑

 

好きなアイドルが出てる雑誌を眺めるようになるから少しオシャレになれる

男性のファッション雑誌にはアイドルの記事や特集が載っていることが多いです。

その雑誌をチェックする際に、他のページも眺めるはずなので、自然に世の中のトレンドが目に入ってきます。

 

バックレは欅坂46渡邉理佐さんがノンノモデルをやっているということで、ノンノを立ち読みするようになりました。(欅オタクには多い?)

 

男性向けファッション雑誌との違いを感じられて、いい刺激になります笑

 

また、ジャニーズの人たちもよく雑誌の表紙を飾っているので、女性の方も男性向けファッション雑誌を読むことも多いはず。

 

アイドルオタクをやっていなかったら、触れなかった世界に触れていると考えると、オタクも悪くないですね!

 

まとめ

アイドルオタクをやることのメリット的なことを書きました。

のめりこんでしまうと、お金がかかる趣味なのかもしれません。

でも、ライトに楽しむくらいなら日々の刺激にもなるし、 アイドルの頑張りに触発さ

れて、自分の行動を良い方向に変えることだって可能です。

 

この記事のタイトルにある通りですが、アイドルをうまく活用して、充実した人生にしましょう!

 

では、また!